FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Hancock Center

の誕生日だったりなんかで、たまには美味しいものでも食べようとシカゴのダウンタウンへ。Takashi Yagihashi氏のフレンチのお店で、日本人ならではの繊細なタッチの創作料理をいただいた。(参考:Yagihashi氏は米国でも著名なシェフなのだそうだが、実は茨城出身。お店には茨城の地ビール「常陸野ネスト」もおいてあったりする。)

ついでと言ってはなんだが、せっかくダウンタウンに来たので、こてこて観光スポットに立ち寄った。それは、John Hancock Centerという高層ビル。シカゴの中では4番目に高層で、地上100階建て、高さは343mである。高さこそ4番目だが、展望台からの見晴らしに関しては随一との評判も

↓遠目に見た様子。のところに展望台がある。
2014012501.jpg

というわけで、エレベーターで展望台のある94階に!
2014012502.jpg

エレベーターは高速で、40秒弱で94階に到着。もともと、人気の観光場所だというから「話の種に」というトーンで訪れたのだが、来て観て衝撃。評判の眺めは想像を絶していた。

エレベータを降りると、まず目の前に青い空と凍りかけたミシガン湖(こっちが東向き)。桟橋の周りは完全に白く凍っている。グリーンの部分にうねうねしている波も凍っていて動かない。妙に神秘的。
2014012505.jpg

お次は南方向を眺める。冬場の低くてまぶしい日差しとともに、シカゴ建築群が目に飛び込んできた。
2014012503.jpg
2014012504.jpg

今度は北向き。ミシガン湖沿いに伸びるLake Shore Drと、我々が住む北西部郊外が一望。そして、地平線&水平線を見るにつけ、地球は丸いことを実感
2014012506.jpg

空に浮かぶ気分で軽いランチをいただいた。
2014012507.jpg

一番人気は夜景なのだそうだが、冬の澄んだ空気の下に広がる昼間の景色も素晴らしかった
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。